愉快なJRTとの日誌
by 3raffles
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理者からのお願い
<著作権について>
 このブログの掲載内容は、著作権法および国際条約による著作権保護の対象です。無断で転載、複製等は行わないで下さい。
<削除について>
 宣伝目的など、このblogに無関係なコメント等は削除することがあります。




AX
カテゴリ

管理人
映画・本・音楽・芸術
おいしいもの

ちょこっとお出かけ
季節
どうしたものか
他愛もない
カブの健康
訓練中
犬と滑り台
すぐれもの
お買いもの
家族たち+
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のコメント
satoさん 少し痩せ..
by ひろり at 13:24
ジルのことでビックリさせ..
by sato at 17:04
りんぼうずさま 明..
by ひろり at 08:26
あけましておめでとー! ..
by rinbouzum at 17:28
satoさま 明け..
by ひろり at 15:21
明けましておめでとうござ..
by sato at 15:29
りんぼうずさま コ..
by ひろり at 01:14
カブ君、元気そうでなによ..
by rinbouzum at 17:11
りゅうの飼い主さま ..
by 3raffles at 14:30
カブくん、張り切っている..
by りゅうの飼い主 at 17:45
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

列車の旅

片道6時間の旅。


古い車両です。
a0105289_11093942.jpg
景色を楽しもうと皆さん、デッキに出ています。

a0105289_11175357.jpg
踏み切りは、人が居て操作します。

a0105289_11103812.jpg
懐かしい感じと雄大な自然、
a0105289_11122142.jpg
ゆっくりと登って行くので、樹木の種類が熱帯からだんだん変化して面白い。


熱帯の地域では、庭木がバナナやパパイア等の南国フルーツです。

a0105289_11135865.jpg
a0105289_11145488.jpg
スリランカの住宅は、地震の心配が少ない為か、随分と簡略化?


暑さに配慮?窓が金網だったりしてビックリ。


a0105289_11320714.jpg
貧富の差があって、住宅も様々です。


洗濯物の干し方も個性的です。
a0105289_11162919.jpg



駅もいろいろ。
a0105289_11270389.jpg
a0105289_11274521.jpg
a0105289_11285699.jpg
a0105289_11295818.jpg


かわいい
[PR]
by 3raffles | 2017-01-03 22:54 | | Comments(0)

1等車両のごはん

朝ごはんは、前に写真を載せていますが、


コロンボへの帰りの列車では、


お昼からの列車だったので、お昼ごはん、
a0105289_08124688.jpg
野菜とチキンのカレーです。

夕ごはんは、ホッパーを切った物と野菜のカレー炒めです。
a0105289_08121278.jpg
名前は忘れました。。


朝ごはんがおいしかったな。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-03 21:05 | | Comments(0)

トゥクトゥク

a0105289_10272890.jpg
a0105289_10275239.jpg
スリーウィリーという3輪の乗り物が沢山走ってます。TAXIより安いし、珍しさもあって、利用しました。


初めて乗ったのは、旅の2日目のヌワラエリヤから、heritance tea factry Hotel 迄。値段の交渉をします。
コロンボのトゥクトゥクには、TAXIのようにメーターがついているのですが、郊外のトゥクトゥクにはまだ普及していないのです。

a0105289_08031104.jpg
運良く、とても良いドライバーさんに当たったようでした。カリーさんというドライバーさんに、次の日も、最後にナヌオヤの駅まで乗せてもらいました。
自分たちの希望と時間を伝えて、価格の交渉をします。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-03 12:50 | | Comments(0)

black pool Hotel ヌワラエリヤ

ヌワラエリヤの2泊目のホテルは、


茶畑に囲まれた2015年にopenした新しいホテル。


a0105289_10211946.jpg
名前の通りのpool、温水だそうです。


a0105289_10143255.jpg
電気の暖炉が有ります。ヌワラエリヤは、標高2000mあって、涼しいです。


a0105289_10150367.jpg
食事が美味しいと聞いて、期待していたのです。


夕食は、アラカルト。
a0105289_10162900.jpg
Buffeやコースより嬉しい。
でも、量の多さに、辟易しました。
a0105289_10170170.jpg
これはリゾット。
a0105289_10175850.jpg
こちら、天ぷら。


朝ごはんは、アメリカンbreakfastです。
a0105289_10195389.jpg
スタートは、フルーツです。
a0105289_10185439.jpg
卵料理は好みに調理してもらえるので、スリランカ風オムレツにしました。
もちろん、ミルクティ。
a0105289_10204507.jpg

パンは、いろいろな種類をバスケットで。これは、バナナブレッド。日本のものより、甘さ控えめで美味しい。

昨日のホテルの朝ごはんに食べたフレンチトーストも、あっさりで美味しかったな。



おおらか
[PR]
by 3raffles | 2017-01-03 10:48 | | Comments(0)

ハイ・ティー

ヌワラエリヤの中心部から1km程歩いた所にあるホテル、
a0105289_10152284.jpg
a0105289_10165498.jpg
ジェットウイング・セント・アンドリュースで、ハイ・ティーを。

a0105289_10133060.jpg
結構な量ですので、ランチを兼ねて。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-02 15:05 | | Comments(4)

紅茶の工場見学

a0105289_22104954.jpg
pedro tea centerの工場見学に。
a0105289_22144724.jpg



a0105289_22130832.jpg

知らなかったです。
a0105289_22070907.jpg
「午後の紅茶」は、
この茶葉で作っていた!
a0105289_22114101.jpg

a0105289_09463880.jpg
お茶の花。
a0105289_09470259.jpg

[PR]
by 3raffles | 2017-01-02 13:02 | | Comments(0)

朝風呂

ヌワラエリヤのホテル、heritance tea factryのお部屋のお風呂が、素敵なのです。


a0105289_21595211.jpg
窓からの景色を見ながらのバスタイム。


360度の茶畑が、丘全体に広がって、
a0105289_22024336.jpg
絶景です。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-02 10:55 | | Comments(0)

元旦の朝ごはん

予定していたお店は、1日日曜日の為か、お休みで残念。
ホテルの朝ごはんにへんこう。Buffe、写真は無し。

9時45分の列車で出発。
a0105289_10004826.jpg
列車の朝ごはん、食後にお茶が出ます。
揺れるので、こぼさず飲むのはちょっとコツが要りそうです。

6時間の列車の旅です。


1等車の指定は、途中までしか取れ無かったので、当日駅の窓口で2等を購入して。
a0105289_09591101.jpg
ペーラーデニア駅で2等車に移動しました。
a0105289_09570388.jpg
2等車には、エアコンが無くて、窓は開放しています。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-01 23:41 | | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます。

今年は、コーヒー派から、


紅茶党に変更しようかと。


a0105289_04560692.jpg
今年も良い1年になりますように。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-01 22:52 | | Comments(0)

heritance tea factry Hotel

紅茶工場をホテルに改装したホテルです。


ちょっと変わっています。
a0105289_08452675.jpg
a0105289_08462730.jpg
a0105289_08474342.jpg

a0105289_09002566.jpg
ここで、ウェルカムドリンクの紅茶と、おでこには何っていうのでしょうか。ちょんと塗ってもらいました。それから、何かのスパイスと砂糖みたいな物をひとつまみ。

a0105289_08393399.jpg
エレベーターはOTIS。
a0105289_09075522.jpg



a0105289_08424533.jpg
大きな吹き抜けが有ります。

a0105289_08533980.jpg
吹き抜けの下を覗くと、当時の紅茶の機械。

a0105289_08494718.jpg
階段の脇に薪ストーブ。

a0105289_08435381.jpg
ドアも、大きいです。


お部屋には、ここで作ったblack teaとgreen teaが。
その上には、工場からホテルに変化した場所の説明のディスプレイ。
a0105289_09062689.jpg


クリスマスが過ぎてもデコレーションは、そのままの所がほとんどです。お正月は4月のスリランカのクリスマスです。


連泊で予約が取れ無かったので、次は別のホテルに移動します。
[PR]
by 3raffles | 2017-01-01 22:36 | | Comments(0)